アキュテインを使って重症ニキビを治してみた

薬

みなさんこんにちは。

ここでは僕が以前にアキュテインを使ってニキビを治したときの体験を書いていきます。

アキュテインでのニキビ治療を考えられている方がいましたら、参考にしてみてください。

アキュテインで治療する前のニキビの状態

治療を始める前のニキビの状態はかなり重症でした。

正常な肌色が見えないくらいニキビが顔中を覆っており、 ほぼすべてのニキビが炎症を起こして赤ニキビの状態になっていました。

またこのニキビは十年以上治療を試みていましたが何をしても改善される気配がありませんでした。

おそらく重症ニキビの度合いとしては日本有数の酷さであったと自負しています。

中にはさじを投げた医者もいました。美容皮膚科と銘打ちながら口ではそれらしいことをいいつつも、最終的にビタミン剤だけしか処方しなくなった詐欺師みたいな医者がいたのです。

医者も信用しすぎてはいけないことが分かった出来事でした。

試したことのあるにきび治療法

以下はアキュテインを使う前に僕が試したことのあるニキビ治療です。

  • ケミカルピーリング やや効果あるが改善には至らず。
  • ダイヤモンドピーリング  やや効果あるが改善には至らず。
  • フラクショナルレーザー 効果なし。
  • ハーバルピール 肌表面のニキビにはそこそこ効果があったが再発
  • 肌断食 効果がないどころか悪化。
  • トレチノイン+ハイドロキノン 肌が弱すぎたため悪化。
  • ディフェリンゲル やや効果あるが改善には至らず。
  • ミノマイシン 効果なし。
  • 赤外線照射 効果なし。
  • パントテン酸+乳酸菌 効果なし。
  • 病院で勧められた新薬の治験 肌が弱すぎたため悪化。使用中は月に一万円ぐらいもらえたが途中で断念。
  • 市販の化粧品類(高額商品含む) すべて効果なし。
  • テレビ等で紹介された自作の化粧品 すべて効果なし。

思い出せる範囲で書いてみました。他にもあるかもしれませんが思い出したら追記します。

中には効果が認められたものもありましたが、どれも根本的な解決には繋がりませんでした。

アキュテインの服用量

最初は20mgを一日一錠飲んでいました。

途中から二錠になりましたが、強い乾燥が出たため再び一錠に戻したりと副作用の症状を見ながら調整していました。

アキュテインを初めて服用したときの衝撃的な体験

アキュテインを初めて飲んだ翌日、衝撃的な体験をしました。

目が覚めると顔に白い消しカスのようなものが大量についていたのです。

寝る前に何か変なことをしたかなと不思議に思いましたが、すぐにその消しカスみたいなものがすべて皮脂のかたまりであることがわかりました。

アキュテインの効果により毛穴が引き締められた結果、毛穴に溜まっていた皮脂が絞り出されたのです。

ものすごく驚いた経験だったので、いまでもはっきり覚えています。

思えばその体験が本当に効果のあるにきび治療の第一歩でした。僕と同じぐらい重症の方はこの現象を体験できるかもしれません。

ともかくこのときアキュテインの力の凄まじさを目の当たりにして、これは期待できると継続して治療していくことを心に決めたのです。

使ってみて分かったアキュテインの効果

アキュテインには皮脂腺を強制的に小さくする作用があります。

なので体のいたる部分でかなり強い乾燥を感じました。体中の皮脂が根絶やしになる感覚です。

それまで大量に分泌されていた皮脂もアキュテインを飲み始めてからあっさりと止まったため、新しいニキビはまったく出来なくなりました。

既存のニキビに関しても徐々に小さくなってなくなっていきました。皮脂が枯渇したことによってニキビが枯れていく感覚といえば伝わるでしょうか。

アキュテインの効果は想像以上に強力で、いままで悩んでいたのは一体なんだったんだと思うこともあるくらいでした。本当に信じられないほどの効果でした。

アキュテインには服用期間が決まっていて、4~6週間が1クールとなっています。

僕は1クールの使用で、現在進行形で発生していたニキビは根絶できました。ただし残念ながらニキビ跡にはあまり効果は感じませんでした。

さらにその後8週間の休止期間の間に、多少ですがニキビが再発してしまいました。

しかし以前のように炎症を起こした大きく赤いニキビにはならなくなったので、そういった点でもだいぶ楽になりました。

新しいニキビができなくなれば、肌は時間とともにどんどんきれいになっていきます。

結局2クールの治療を行いましたが、治療前とは比べ物にならないレベルで肌がきれいになっていました。

アキュテイン服用中に感じた副作用

アキュテインを使っている間はとにかく体中のあちこちが乾燥していきます。

僕は特に手の甲がガッサガサになってました。

手の甲の乾燥はかなり激しく、あかぎれのようにひび割れてしまっていました。ニキビの苦しみと比べれば何でもないためまったく問題にはなりませんでしたが。

乾燥が強まってきたら一時的に服用量を減らすことで調整していましたが、その方法で充分対処可能でした。

アキュテインを使うことで感じた副作用としては、僕の場合はそれぐらいでした。

最後に

アキュテインを飲み始めてから、それまで十年以上なにをしても改善がみられなかったニキビがどんどんなくなっていき、肌が劇的に生まれ変わりました。

アキュテインが重症ニキビ患者の救世主のような薬であることは間違いありません。この薬がなかったら僕はいまごろ自殺していたかもしれません。

副作用も強いため注意を要する薬ではありますが、正しく使えばこれ以上なく頼もしい味方になるでしょう。

何をしても改善しないニキビでお悩みの方は、ぜひ試してみてください。本当に人生が変わりますよ。

タイトルとURLをコピーしました