【だめ人間の履歴書作成】自己PRの内容を無理やり捻り出す方法

スポンサーリンク

履歴書を書きたい。でも自分にはアピールできる部分が何もない。

そんな風に思っていませんか?

でも大丈夫です。

この方法を使えば、それっぽいアピール文章を作成することができますよ。

スポンサーリンク

思い浮かんだことを片っ端から書き出してみよう

まずはメモ帳を用意してください。

スマホやパソコンのメモ帳がいいです。

さて、自己PRでは自分の強みをアピールしなければなりません。

つまり自分がいままでどんなことをしてきたのかを把握しなければなりません。

というわけで、用意したメモ帳に、自分が 過去に体験したことを片っ端から書き出していきましょう。

本当になんでもいいです。

ゲームでもいいし、読書でもいいし、天気のいい日にちょっと遠くまで散歩したとか、欲しかった物を買ったとか、そういうものでもいいです。

ポイントは、頭に思い浮かんだことをすべて書き出すということです。

こんなものは自己PRには使えないだろうなんてことは考えずに、思いついたことをすべて言語化するつもりで書いてみてください。

自分がどういう人間なのかを理解しよう

メモがたまってきたら、見返してみましょう。

自分がやってきたことが列挙されていると思います。

次はそのひとつひとつの項目ごとに、付随する情報を書き込んでいきましょう。

たとえばそれを行うことで自分の気持ちにどんな変化があったのか、どういったことを心がけていたか等です。

嬉しかったとか、楽しかったとか、充実感があったとか、毎日欠かさずやることにしていたとか。

これも思いついたことはすべてメモしておきましょう。

こういう作業をしているうちに自分がどんな人間なのかがだんだんわかってきます。

不思議なことに、普通に生活しているだけでは自分のことってあんまりわからないです。

僕も就活のときに同じ作業をしましたが、そのときにはじめて自分はこんな人間だったのかと気づいたことがたくさんありました。

趣味嗜好や信念信条。

どういうことに喜びを感じて、どういうことを許せないと感じるのか。

それらはすべて、あなたの人格を表しています。

自分のことを把握することは、就活ではすごく大事なことです。

一見くだらない内容に見えても、後々面接なんかで自分のことを話すときに必ず役に立ちますよ。

それっぽいエピソードを選び出そう

これを繰り返していくと、だんだんとメモの内容が充実してきます。

最初はくだらないと思ったことでも、いろんな付加情報と組み合わせることで自己PRに使えそうなものも出てきます。

そしたら自己PRはもう完成したも同然です。

後はそのなかから一番よさそうなものを選び、自己PRのテンプレにあてはめて文章にしていくだけです。

洗濯するエピソードは、あまりネガティブでないもので、自分の成長に関わるようなものを選ぶとやりやすいです。

なお空白期間がある場合は、その期間になにをしていたかを説明する必要があります。

なのでその場合は、エピソードには空白期間に行ったことを選ぶのがベストです。

どこでもメモできる環境を整えよう

自分の過去を思い出そうとしても、慣れないうちはなかなか思い出せないかもしれません。

そのときは、自分がどういうことをしてきたかという問いを頭の片隅に常に置いておいて、思いついたらメモを取るという方法もおすすめです。

いい感じのアイデアは、日常のふとしたときに思い浮かぶことが多いです。

たとえば外を歩いているときとか、お風呂に入ってるときとか。

思いついたら素早くメモを取りましょう。

他の作業を挟んでしまうと、すぐに忘れてしまうからです。

思いついたことをすぐにメモできるように、すぐに書き込める体制を整えておくのも大切です。

僕はスマホのエディタアプリを常に起動状態にしています。

あと個人的に重要だと思うのは、家でも外でも同じファイルを編集できるようにしておくことです。

スマホを使っている場合は問題ないですが、家ではパソコンを使っているという場合は、ドロップボックスなどのオンラインストレージやエバーノートなどのアプリを使って、パソコンからもスマホからも同じファイルを編集できるようにしておいたほうが効率よく作業を進めることができます。

最後に

この方法を使うことで、自己PRを作ること自体は誰にでもできると思います。

そうしたら後は就活しながら出来を高めていけばOKです。

ただ、もしこの方法でも書くことが何も思い浮かばないという場合は、まずアルバイトから始めてみるのもいいかもしれません。

僕も正社員になる前にいくつかアルバイトをしましたが、そこでの経験はもちろん就活のための貴重なネタになりました。

でも個人的には、欠くことが何もないって人はいないんじゃないかと思ってます。

下の記事に実際に僕が使っていた自己PRを載せてありますので、よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました