就活では何が評価されるか分からないからどうせダメだと決めつけるのはやめよう。

チェックリスト
スポンサーリンク

もしかしたらこのままずっと働き口が見つからないんじゃないか。

自分は誰にも必要とされてないんじゃないか。

就活をしてるといろんな負の感情が沸き起こって、諦めてしまいたくなりますよね。

でも選考なんてけっこう適当なもので、評価者によって見てるところが全然違ったりして何が評価されるかわからないんですよ。

だからよくない結果が続いたからって諦めたりしないほうがいいですよ。

ここではその一例として、引きこもりから脱出するときに僕の身に起きたミラクルを紹介します。

スポンサーリンク

初めての面接でやってしまった恥ずかしい間違い

いろいろあった結果、引きこもり生活を続けられなくなった僕は家の近くにあったコンビニのアルバイト求人に応募することになりました。

両親にも尻を叩かれていたので、勢いで電話して面接の予約を取りつけたんです。

でも面接を受けるためにはいろいろ必要なものがありますよね。

まず履歴書が必要だし、そこに貼る写真も必要です。

長い間ひきこもっていた僕は当然そんなものは持ってませんでした。

だから面接日までに用意する必要があったんですね。

でも当時の僕は一般常識も欠落したかなりだめな人間だったので、そこでいろんな間違いを犯してしまったんです。

自己PR欄の内容が自己PRではなかった

まず履歴書の内容です。

普通は履歴書って、志望動機欄と自己アピール欄がありますよね。

志望動機はなんと書いたか忘れてしまいましたが、問題は自己PR欄のほうでした。

普通は自己PR欄って、自分にはこれができるとか、こういう点で役に立てるとか、自分を雇用することで得がありますよってことを説明する内容を書きますよね。

でも僕は自己PRに「初めてのアルバイトなのでがんばります」といったようなことを書いたんです。

それ以外に書くことがなかったというのもあるのですが。

でもそれってPRじゃなくて単なる意気込みで、そんなもの書こうと思えば誰でも書ける内容なんですよね。

だから評価する側にとってはまったく何の意味もなさない駄文でしかないわけです。

しかもいい年した男が初めてのアルバイトって、印象いいわけがありません。

でもそんなところまで考えが回らなかったんですね。

とにかく勢いでどうにかしようと思ってましたから。

これが僕が犯したひとつめの間違いです。

証明写真がカメラ目線ではなかった

履歴書に貼る写真は最寄り駅のなかにあったスピード写真で撮りました。

写真スタジオでお願いするときれいに撮ってもらえると両親から教えてもらってたんですが、お店に入るのは抵抗があったので自分で撮れるスピード写真にしたんです。

撮影自体はすぐに終わりました。

お金を入れてボタンを押すだけですからね。

でもできあがった写真は、カメラ目線ではなかったんですよ。

顔はまっすぐ前を向いてましたが、目は全然違う横のほうを見ていたんです。

自分の容姿を直視できなかったんですね。

でも僕は気にせずその写真を履歴書に貼り付け、恥ずかしげもなく面接に持って行って提出しました。

これがふたつめの間違いです。

なぜか採用された

写真は変な方向を見てるし、履歴書もぼろぼろ。

おまけにけっこうな年齢にもなっている。

いかにアルバイトといえども、あまり採用したい人材ではないように思えます。

でもなぜか採用されてしまいました。

僕は一発目の面接で引きこもりを抜け出すことができたのです。

採用された理由は不明です。

面接官は店長だったのですが、特に優しい人ってわけでもありませんでした。

むしろ仕事が終わったあとに居酒屋に呼び出してきて深夜3時まで説教してくるような傍若無人な店長でした。

正面を見てない写真についても面接中にけっこうツッコまれた記憶があるので、気づかれてなかったわけでもありません。

おかしなやつが来たと面白がられていたか、もしくはやる気があるならオーケーという方針だったのか。

結局いまになっても分からないままで、この件は僕のなかで迷宮入りになっています。

どんな人間でも採用される可能性はある

就活を難しく考えすぎるのはよくないです。

こんなに適当でも採用されることがあるんですから。

ここを読んでるあなたは正面を見てない写真なんて貼らないだろうし、履歴書を適当に書いて終わらせたりもしないんじゃないでしょうか。

ということは、その時点で僕よりもまともな人間なんです。

だから僕がなんとかなったってことは、あなたもなんとかなるってことです。

もしかしたら失敗続きで落ち込んでるのかもしれませんが、少しゆっくりしたらまたがんばってみませんか。

人生なにが起こるかわからない。

就活もどんなきっかけで採用されるかわかりません。

どうせダメだって思ってしまったらほんとにだめになってしまいます。

心が折れそうになったら、自分よりもだめなやつでもなんとかなったんだってことを思い出してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました