ひきこもりが就職活動するときは内定を得ることを目指さないほうがいいですよ。

子供の手のひら
スポンサーリンク

引きこもりから脱出する道はときに長く険しいものになります。

そこで引きこもりが就活するときの心がけとして、ひとつ重要だと思うことがありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

引きこもりが内定を目指してはならない理由

引きこもりは内定獲得を目標にしてはいけません。

というと誤解を生みそうですが。

もちろん就活するからには、最終的なゴールは就職に成功して社会復帰を達成することです。

ですが最初から内定というゴールを目標に据えると、いろいろと苦しくなってくるんですよ。

本当に自分なんかが就職できるのかとか、誰にも相手にされないんじゃないかとか、いまやってることは全部むだかもしれないとか。

結果が出ないと余計なことを考えてしまいがちなんですね。

そういう不安や焦りは就活においてマイナスにしかなりません。

だからはじめは内定という遠くのほうにある目標ではなく、もう少し手が届きそうな近い距離にあるものを目標にしていったほうがいいんです。

引きこもりは何を目標にすべきか

それではいったい何を目指していけばいいのでしょうか。

実は引きこもりの就活にうってつけの目標があります。

それは“経験を積む”という目標です。

思っていたものと違いましたか?

そんなものを目指して何になるんだと疑問に思われたかもしれません。

でもこれで大丈夫なんです。

実際に僕はこの方法で就職に成功してますから。

経験というものの力をあなどってはいけませんよ。

経験を積むことこそが、引きこもりが社会に出るための最も重要な要素になるんです。

経験を積めればそれだけで成功だと思え

ひきこもりには圧倒的に人生経験が足りません。

これから社会に出ていろんな人と接触したときに、話のネタになるものといったら自分の体験談がほとんどです。

あれが楽しかったとか、このお店がおいしかったとか、そういう話ですね。

面接でそういった話になることも少なくありません。

でも人生経験が少ないと、話すネタがそもそもないので会話が続かなくなってしまったりします。

だから少しずつでも経験値をためていくことは、就活にはもちろんのこと、その後の人生においても役に立つことなんです。

たとえば面接の帰り道にラーメン屋に寄ったとしましょう。

そこでラーメンを食べて、おいしかったと感じたとします。

そうしたらいつかどこかで、この前食べたあのラーメン屋がおいしかったという話ができるようになるんです。

ラーメン屋でラーメン食べるだけでも立派な経験なんですね。

それに就活していると、面接なんかで同じような話を何度もすることになるんです。

事前に準備しておいたエピソードなんかを話しているわけなので、それはまあそうなりますよね。

それではその話を最初にするときと、10回目にするときではどちらがうまく内容を伝えられると思いますか?

もちろん10回目のほうですよね。

これも自分のなかに蓄積された経験があるから、よりうまく伝えることができたというわけです。

基本的に、何度も同じことを繰り返せばなんでも自然と上達していくものですからね。

就活というのはひとりではできません。

外に出て、自分の足で歩いて、いろんなものを見て、他人と接することで進んでいくものです。

そしてそれらはすべて自分のなかに経験値としてたまっていくものです。

もちろん最初はうまくいかないかもしれません。

でも続けていればいつかうまくいく日が必ず来ます。

経験は財産だと思いましょう。

そして実際に自分で見聞きしたことっていうのはすべて価値のある財産だってことを覚えていてください。

だからたとえ不採用になったとしても気にすることはないんですよ。

引きこもりの就職活動としては、経験を積むことができただけで成功なんですからね。

就職活動は気楽にやっていい

引きこもりとしては、就活をしていくなかで何らかの経験を得られればそれで目標達成です。

だから就活って、肩ひじ張ってやらなくてもいいんですよ。

気楽にやっていいものなんです。

まれに勘違いしている人がいますが、就活はかしこまったものでも高尚なものでもありません。

お腹がすいたらコンビニに行くのと同じ。

仕事がなければ面接に行く。

ふらっといってふらっと帰ってくる。

それでいいんです。

もしかしたら学生の頃なんかに、おじぎをするときは腰を折る角度は何度でなければならないだとか、面接室の扉をノックするときの回数は何回がベストだとか、そんなことを聞かされたかもしれません。

もしかしたらそれが原因で、就活ではキッチリしていないといけないし、マナー通りに行動しなければ相手に対して失礼になると思い込んでいませんか?

でも実際に就活をしてみて感じたこととしては、そんなこと気にする必要はこれっぽっちもないですよ。

もちろん最低限のマナーは必要ですが、それは常識的な範囲で大丈夫です。

神経質になる必要はまったくありません。

ちなみに面接官にも無理に気に入られようとする必要はありません。

自分に嘘をついていると、すぐにボロがでますからね。

僕は面接室の扉をノックする回数なんて意識したことはありませんし、お辞儀の角度も同じでした。

それでもいくつかの会社からは内定をもらうことができましたよ。

経験を積むために気軽に就活。採否はあとからついてくる。

引きこもりが就活するときは、無駄に力を入れすぎずにそんなスタンスでいるのが一番いいと思いますよ。

最後に

引きこもりにとって就活はハードルが高いです。

個人的な考えですが、就活を始めることができたのであれば、その段階ですでに就職までの道のりの半分は達成できてるんじゃないかと思います。

そのぐらい最初の一歩を踏み出すのは難しいんです。

だから気楽に始めてみるというのはものすごく重要なことだったりするんですね。

完璧でなくていいし、ボロがあっても全然いいんです。

もしいま何かに迷っているのなら、あまり考えすぎずに気楽に最初の一歩を踏み出してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました