職場で周りの人と仲良くなれないのはあなたが優しすぎるせいかもしれないですよ。

孤独な人
スポンサーリンク

なぜか周りの人たちと仲良くなれないことってありますよね。

それは単に人づきあいが苦手なことだけが原因なんでしょうか。

いろいろ考えたことをまとめました。

スポンサーリンク

ダメ人間が他人と仲良くなるのは難易度が高い

仕事をしていると、なぜか自分だけ浮いてるような感じがすることって多々あるんですよ。

たとえば一緒に入社した同僚がいつの間にか職場の人たちと打ち解けているのに、自分には親しくできる人がひとりもいなかったり。

そんなとき、かなり打ちひしがれた気持ちになりますね。

他人は他人で自分は自分ではありますけど、そんなふうに言い聞かせてみても、やっぱり心のどこかでは羨ましく思ってたりするんですよね。

だって周りの人たちと仲よくないより仲がいいほうがいいに決まってますからね。

仕事の関係なんだからそんな必要はないと思いつつも、それでもやっぱり出来るならそっちの方がいいと思ってしまうんです。

でも僕のようなダメ人間は人と仲良くなるというのがすごく難しいことのように思えます。

たとえば自分から積極的に話しかける、というのはひとつの方法としていいかもしれませんが、人見知りの元引きこもりには辛いことこの上ないです。

でもたぶん、相手から話しかけてきてくれることを期待していたら、ずっと仲のいい人なんてできないんでしょうね。

とまあ、僕はそんな情けない人間ではあるんですが、ひとつだけ社会に出て気づいた点があります。

人を大切にしすぎてはならない

仕事をしながらいろんな人と事務的な会話をし続けた結果、もし距離を縮めたいなら人を大切にしすぎるのもよくないんじゃないかと思うようになりました。

冷たく接したほうがいいってわけじゃないですよ。

最低限の節度さえ保っていれば、人は意外と適当に扱っても大丈夫なんじゃないかってことです。

力を抜いて適当に接したほうが、結果的に楽しく話ができたなんて経験はありませんか?

僕の経験からも、 いろいろ考えて気を使うよりも気楽に接した方がいい結果になることが多いような気がします。

自分でも少し不思議に感じたので、どうしてなのか理由を考えてみました。

適当に接した方がパーソナルスペースが狭まりやすい

適当に接したほうが楽しく話ができる理由として、パーソナルスペースが関わっているんじゃないかと思いました。

パーソナルスペース とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア、対人距離とも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

出典: Wikipedia

パーソナルスペースは、親しい間柄であるほど狭くなり、そうでない場合は広がっていくもののようです。

つまり人との距離を縮めるということは、このパーソナルスペースという壁をどんどん縮めていくという行為になります。

たとえば初めて話をする人に対しては、少し身構えてしまいますよね。

いつも顔を合わせる人と接するよりも固くなってしまうと思います。

これはパーソナルスペースが広い状態です。

それから徐々に仲良くなるにつれ、パーソナルスペースは縮まっていくということになります。

それでは初対面のときと、仲良くなった後で何か変わったことはないでしょうか。

もちろんパーソナルスペースの範囲は変わっていると思いますが、それに伴って他に変化する要素はないでしょうか。

僕は、仲良くなる前と後ではお互いのマナー意識に違いが出ているんじゃないかと思いました。

親しい関係であれば、多少は軽口をたたき合ったとしても笑い話になります。

でも初対面の相手にはそんなことはできません。

なぜなら相手に対して失礼になってしまうからです。

人間として最低限のマナーは守らなければならないという意識が、相手に失礼になるかもしれないことをしてはならないと訴えかけているんですね。

つまりマナーを重視した言動というのは、相手とある程度距離を保った関係で話がしたいときに用いられやすいものでもあるんです。

ビジネスの世界で特にマナーが重要視されているのを見るとそれがよく分かりますね。

ということは、やたら丁寧な言葉づかいをしていたり、やたらとへりくだった態度を取っている場合、それが自分にとっては礼節を重んじた行動であったとしても、相手には「あなたに対して距離を保って接していますよ」というサインとして捉えられてしまっている可能性もあるんじゃないかと思いました。

仲良くなるためにはお互いにパーソナルスペースを狭めなければなりません。

でも相手を気づかってばかりいると、いつまで経ってもパーソナルスペースの範囲に変化が出ない可能性があるということです。

相手を思いやれる優しさがあるというのはものすごくいいことです。

でも距離を縮めようと思うならば、目の前の相手を大切にしすぎることが逆によくない結果につながる可能性もあるんじゃないかと思ったのでした。

ダメ人間には心の優しい人が多い

僕はダメ人間には人見知りだけど心の優しい人が多いんじゃないかと勝手に思ってます。

ダメ人間なら、自分に自信がなかったり、会話が続くか心配だから自分から話しかけられないって経験は少なからずあると思います。

それを情けない人間だといってしまうのは簡単ですが、僕はそういった人たちを心の優しい人間だと思ってるんですよ。

だって自分に自信がないから話しかけられないってことは、つまり自分が話しかけたことで相手が気を悪くしないかとか、会話が続かず沈黙になってしまったら迷惑をかけてしまうとか考えてるから話しかけられないってことですよね。

他人に対して奥手なのは、他人に対して迷惑をかけたくないという気持ちの裏返しでもあるんです。

実際に自分もそうですしね。

自分の利益を最優先に考えるのであれば、他人の迷惑なんて考えないほうが効率がいいんですよ。

そのほうが躊躇なく仕事を押しつけたりとか、強引に自分の意見を通したりとかできますからね。

でもそれができないっていうのは、自分の利益ではなく相手の気持ちを優先して考えてるってことだと思うんですね。

それってやっぱりすごいことだと思います。

自分の優しさを誇ってもいいと思います。

僕はそういう人たちにこそ笑っていてほしいのですが。

心の優しいあなたには、ときには優しすぎることが逆効果になってしまうこともあるってことは知っておいてもらいたいです。

ダメ人間が他人と気楽に接するための方法

では心の優しい人見知りのダメ人間が、他人に対して適当に接することができるようになるためにはどうすればいいでしょうか。

少し嫌な言い方になってしまうんですが、ひとつ思い当たる方法があります。

それは、気を使ってばかりいてもそんなにいいことはないってことをきちんと理解することです。

人間関係っていうのは難しいです。

相手のことをたくさん考えればその分仲良くなれるわけではありません。

友人が増えることもありませんし、自分が評価されることもありません。

その反対で、前述したように自分にとって不利益になってしまうこともあります。

多くの人間がそこまで深く考えていない部分であって、必要とはされていないものなんです。

だから神経を削ってまで過剰に相手を思いやるのは、自分にとって損にしかならないんです。

ストレスも増えるし、余計なことをたくさん考えて疲れてしまいますし。

いいことは何もないんですね。

だから今後は、少しずつあなたの思考を自分のために使うように心がけてみたらどうでしょうか。

人間はガラスの置物とは違いますから、そこまで神経を使って丁重に扱う必要はないんです。

悲しいことですが、何事もやりすぎはよくないってことですね。

最後に

周りの人と仲良くなれないのはなぜなのかという問いに対して考えたことをまとめてみました。

自分が相手からどう見えるかっていうのは言うまでもなく重要なポイントですが、なんとなく盲点になりやすい部分なのかなと思います。

よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました