【ポケモン剣盾】対戦初心者だけどマイナーポケモンを使ってマスターボール級にいけました

スポンサーリンク

ランクマッチの第一シーズンが終わりました。

最初はボロ負けしてもいいから好きなポケモンを使っていこうという覚悟で始めたのですが、想像していたよりもたくさん勝つことができました。

最高順位はこんなに高いところまでいけました。

個人的に快挙なので、記念に自慢のポケモンたちを紹介していきたいと思います。

ちなみに最高順位を達成したときのパーティはこんな感じでした。

スポンサーリンク

カチカチのバイウールー

バイウールー
性格わんぱく(防御↑特攻↓)
努力値HB252
持ち物たべのこし
特性もふもふ

物理受け担当です。

受け担当ではありますが、コットンガードで防御を固めてからボディプレスを撃つことで高火力の攻撃を繰り出すこともできます。

コットンガードは一気に防御を三段階も高めてくれるので、素早く積んでバトンタッチで後続につなぐというのがやりやすかったです。

バイウールーはほぼ毎回初手に選出していたのですが、いつも相手にぼこぼこ殴られているので少し可哀想な気持ちになるのが玉に瑕です。

直接的なアタッカーではないですが、縁の下の力持ち的存在でした。

全方位対応型ヌメルゴン

ヌメルゴン
性格ひかえめ(特攻↑攻撃↓)
努力値HC252
持ち物とつげきチョッキ
特性そうしょく

バイウールーとセットで一番選出が多かったポケモンで、特殊受け兼特殊アタッカーです。

対戦相手にロトムを出されることがやたらと多かったのですが、もともと高い特防を突撃チョッキでさらに高めていたのと耐性が優秀なこともあり、どんな種類のロトムが来ても負けることはありませんでした。

バイウールーで積んだ防御をバトンタッチで引き継ぐと驚異的な耐久を持ったアタッカーになります。

ヌメルゴン

いまの環境は特殊といえばロトムのようなところがありましたので、相手にとってはやりにくかったんじゃないかと思います。

アシッドボムを覚えるのもポイントです。

必中で相手の特防ランクを一気に二段階下げられるので、手強いバンギラスなんかもじゃくてんほけんを発動させないように弱点を外して倒すことができました。

そして特性そうしょくにも何度も助けられました。

草タイプの技を無効にする特性で、やどりぎの種や眠り粉を無効にすることができます。

エルフーンやバタフリーなど、下手をするとそのまま詰みまでもっていかれてしまう厄介ポケモンにはとりあえずヌメルゴンを出しておけば何とかなりました。

安心と信頼のヌメルゴンです。

ひたすら耐えるナマコブシ

ナマコブシ
性格なまいき(特防↑すばやさ↓)
努力値HD252
持ち物ゴツゴツメット
特性てんねん

相手の攻撃を受け潰すタイプのポケモンです。

特性てんねんがとにかく強力で、ミミッキュやパルシェンなどの積みアタッカーに出しておけば簡単に完封できます。

相手にうまいこと積まれてしまったときも、ナマコブシが窮地を救ってこれたことが何度もありました。

最初は軽い気持ちで育成したのですが、実はめちゃくちゃすごいポケモンでした。

詳しくは別で記事で書いていますのでよかったら見てみてください。

ごり押しヒヒダルマ

ヒヒダルマ
性格いじっぱり(攻撃↑特攻↓)
努力値AS252
持ち物 こだわりスカーフ
特性ごりむちゅう

物理アタッカーがいないことに悩んで入れたポケモンです。

この枠はアイアント、コオリッポなんかと迷いました。

最終的にダイマックスはヌメルゴンで使いたかったという理由から、ダイマックスを使わなくても高火力が出せるヒヒダルマを採用しました。

素早いし火力もあるので相手をバタバタ倒せるかなと思ったのですが、使い方が悪かったのかあまり結果を残せず…。

技を自由に選べないのと、攻撃を耐えられたらほぼ一撃で落とされてしまうのが難しかったです。

それに今作はダイマックスして素早さを底上げしてくるポケモンが多かったので、最後に出したら普通に抜かれてることも結構ありました。

こういったポケモンはプレイヤースキルがないと使いこなすのは大変ですね。

あまり力を引き出してあげられなかったのが心残りです。

嫌がらせトリトドン

トリトドン
性格ずぶとい(防御↑攻撃↓)
努力値HB252
持ち物オボンの実
特性よびみず

物理受け兼あくび要因です。

水と電気が無効という耐性が素晴らしく、こちらもロトム相手には負けることはありませんでした。

基本的には、バンギラスやトゲキッスなど、居座られると嫌なポケモンにあくびを撃つという使い方をしてました。

なにげに特攻もそこそこ高いので、守りながら戦うこともできます。

以前はれいとうビームでなくだいちのちからを入れていたのですが、それで羽休め中のアーマーガアを倒したこともあります。

やっぱりこういう攻守が両立したポケモンは頼りになりますね。

意外とやれるライチュウ

ライチュウ
性格おくびょう(すばやさ↑攻撃↓)
努力値CS252
持ち物きあいのタスキ
特性ひらいしん

あくび対策要因です。

あくびを撃たれたら即座にエレキフィールドを張る役というコンセプトで育てました。

よくあくびを使ってくるヌオーとかトリトドンなんかは草が弱点なので、フィールドを張ったあとはくさむすびで攻撃していきます。

この画像のときはエレキフィールドを使う前に倒すことができました。

ちなみにこのライチュウ、一度あくび型のカバルドンを倒したことがあります。

このあとダイソウゲンがうまく決まって倒すことができました。

このときのライチュウは最高にカッコよかったです。

あくび対策要員なのに素早さを最速にしている理由は、最速にすることでアイアントの素早さをギリギリ抜けるので10万ボルトを上から撃ち込むことができるからです。

エレキフィールド下であれば確定1発で倒すことができます。

ライチュウにはまだまだ可能性を感じるので、今後も積極的に起用してもっと輝かせてあげたいポケモンです。

それにライチュウが動いてる姿はすごくかわいいですよ。

最後に

最近、好きなポケモンで勝つためにはどうしたらいいかを考えるのがすごく楽しいです。

次こそはできれば10000位以内に行きたいなーなんて思ってます。

タイトルとURLをコピーしました