【だめ人間の履歴書作成】志望動機は簡単に書くことができます

スポンサーリンク

志望動機はだめ人間でも比較的簡単に書ける欄です。

ただ少しだけ気をつけたいところもありますので書いていきます。

スポンサーリンク

業界全体ではなくその会社で働きたいと思った気持ちを書く

よくやりがちなのが、志望動機を書いていたら業界全般に当てはまる内容になってしまったというものです。

志望動機は業界ではなく、応募するその会社で仕事をしたい理由にしましょう。

たとえば出版系の会社に応募するときは、「本が好きだから」というような出版業界全般に当てはまるような動機ではなく、その応募する会社だからこそ働きたいという動機を書くと効果的になるということです。

業界全体に当てはまる内容だと、それならうちの会社じゃなくて他の同業他社でもいいんじゃないかという話になってしまいます。

というと難しそうに聞こえますが、実際はそんなことはありません。

たとえば、「家から近いから」というのはその会社だからこその動機です。

そこに通勤にかける時間を少なくできればより仕事に集中できるから、といったような理由をつけ加えれば充分使える志望動機になります。

志望動機も使い回せる

志望動機にはその会社だからこそ入社したいという理由を書くと説明しました。

では志望動機は使い回せないのかと思われるかもしれません。

でも大丈夫です。矛盾するようですが、ちゃんと使い回せます。

僕が使ってた志望動機を例に説明していきます。

私は困っている人にためらいなく手を差し伸べられるような人間でありたいと思っています。
接客のアルバイトを通じて、誰かの助けになることの充実感と、感謝される喜びに気づいたからです。
その私の信念が、御社の○○という理念と合致しましたので応募しました。

例によってうろ覚えですが、だいたいこんな感じだったと思います。

僕は正社員を目指す前に接客のバイトをしていたので、そこでの経験を少し盛り込んでいました。

この例でみると、志望する動機は会社の理念にあるという内容になってます。

会社の理念はもちろん会社ごとに違うので、これは”その会社だからこそ働きたい”という理由になっています。

そして○○の部分を適当にこじつければ、他の部分はそのまま使うことができるようにもなっています。

ちなみに○○の部分は求人情報とか会社HPとか見て適当に入れてました。

ただあまりにも当てはまらない場合は無理矢理こじつけると自然になってしまうので、そのときはおとなしく諦めて別の動機を考えましょう。

志望動機のテンプレ構成

僕が使っていた志望動機のテンプレ構成を置いておきます。

①自分の信念
②その信念を持つに至った経験
③信念が会社の○○と合致している

上の例で見てみると、

①自分の信念→困っている人に手を差し伸べられる人間でありたい
②信念を持つに至った経験→接客のアルバイト経験
③信念が合致→御社の理念と合致

という感じになってます。

こういう構成にするとだいぶ書きやすいんじゃないかと思います。

よかったら使ってください。

タイトルとURLをコピーしました