【だめ人間の履歴書作成】自己PR欄で空白期間の言い訳をしよう

スポンサーリンク

空白期間のあるだめ人間が履歴書を作成するのはなかなか苦労します。

しかし押さえるべきポイントを把握すればできないことはありません。

ここではだめ人間のための自己PRの書き方について書いていきます。

スポンサーリンク

自己PR欄で空白期間の言い訳をしよう

まず自己PRとは、自分を採用することで会社にどんな得があるかを説明することです。

簡単にいうと、自分はこういう人間だから、その能力を御社でこういう風に発揮できますよ、ってことを書けばいいんです。

なにも難しいことはありません。

ただ職歴に空白期間がある場合はもう少し気をつけたいことがあります。

それは、自己PR欄を使って空白期間に何をしていたかの言い訳をしたほうがいいということです。

職歴がぼろぼろでも、その期間にちゃんと意味のあることをやっていたんだよということを説明できれば、そこまでひどいマイナス評価にはなりません。

逆に空白期間について何も触れられていない履歴書だと、書類選考で落とされてしまう可能性が高まるでしょう。

履歴書での空白期間の言い訳は必須です。

そして言い訳をするためには自己PR欄を使うのが一番都合がいいです。

ポジティブな内容にしよう

空白期間の言い訳をするなら、内容はできるだけポジティブなもののほうがいいです。

でもなかなかポジティブな内容というのは思い浮かばないかもしれません。

もし思いつかなければ、採用担当者が「それなら仕方ないな」と思ってくれるような内容にするよう心がけましょう。

たとえば空白期間の言い訳になるような自己PRとして、「資格の勉強をしていた」というのはすごくいい内容です。

たとえ結果が出なかったとしても、試験までのスケジュール管理をしつつ目標に向かって努力していたという内容にすれば聞こえもいいですし、その経験から得られたものや反省点を語ることもできます。

あとはほかにありそうな理由だと、

  • 家業の手伝い
  • 趣味を極めようとしていた
  • 家族の介護
  • 病気療養

といったものがあげられるでしょうか。

空白期間の長さを考えて、自分の経験のなかで最適だと思う内容を考えてみてください。

自己PRのテンプレ構成

履歴書の項目には見栄えがよくなるテンプレの構成があります。

これを使うことで効率的に書いていくことができます。

空白期間がある場合の自己PR欄は、以下のような順序で書くのが一番いいと思います。

①自分はこういう人間だ、という特徴
②その特徴を獲得した根拠となる経験(空白期間の間の経験)
③その得られた特徴を仕事でどういうふうに活かせるか

自己PRで大切なのは、この3点を簡潔に説明することです。

書くべきエピソードが定まっていれば、あとはこのテンプレに当てはめていけばそれっぽいものができます。

参考になるかはわかりませんが、僕が就活してたときに使ってた自己PRを載せておきます。

私はコツコツと小さなことを積み重ねていくことが得意です。
学校を卒業してからは脚本家を目指して勉強をしていましたが、執筆に必要な情報を調べながら、どんな日も毎日欠かさずコツコツ文章を書いていました。
その経験から、小さな作業の積み重ねがやがて大きな成果として現れることを実感できました。
一見地味に思えるような小さな仕事でも責任を持って従事できます。
その点で、御社の○○の業務に向いた性格だと考えています。

何年も前なので詳しくは忘れてしまいましたが、だいたいこんな感じです。

テンプレに当てはめて考えると、

①自分の特徴→小さなことを積み重ねていくことが得意
②その特徴を獲得した経験→毎日欠かさずコツコツ文章を書いていた。
③仕事でどう活かすか→小さな仕事でも責任を持って従事できる。

という感じです。

正直あんまり出来のいいPRではありませんが、これでも就職することはできたので、完璧を目指さずに気楽に作ってみてください。

ちなみに内容に嘘は書いてません。

熱量がどれほどだったのかは置いておきますが、脚本の勉強をしていたというのは本当のことです。

自分が実際に行ってきたことで使えそうな経験をピックアップして、無理やりテンプレにこじつけていきましょう。

自分はすごい人間だと思わせなくていい

上の例をみても分かるとおり、自分の特徴やエピソードは、別にすごいものでなくても大丈夫です。

というよりも、そんなにすごい実績がポンポンあったらそっちのほうが逆に不自然ですよ。

パソコンが得意だからオフィスを使って事務ができるとか、笑顔をよく褒められるからお客さんと接することが向いてるとか、この程度で大丈夫です。

要は、「自分のこういうところが御社で役に立つ」というのが伝わるような内容になっていればいいんです。

自己PRは一度作ればかなり使い回せるので、就活しながら徐々に作り込んでクオリティを高めていってください。

そもそもアピールできることが何も思いつかないよ、という場合はこちらの方法を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました