【だめ人間の履歴書作成】職歴の空白期間は誤魔化すべきか?

スポンサーリンク

僕たちのような落ちこぼれが就活するときに一番頭を悩ませるのが履歴書の職歴欄ではないでしょうか。

空白期間が長ければ長いほど就活では不利になってしまうのは事実なので、やる気がどんどんなくなってしまう気持ちもわかります。

でも空白期間があるというだけで就職がまったくできなくなるわけではありません。

ちゃんと対処すれば採用してくれる会社もちゃんとありますよ。

スポンサーリンク

職歴で嘘をつくのはやめたほうがいい

自分の経歴があまりにもひどい場合、つい嘘をついてごまかしてしまいたくなりますよね。

でも個人的には、職歴で嘘をつくと就活はあまりうまくいかなくなる気がします。

たとえばまったく何もしていなかった期間を働いていたことにする場合、そこでどんな仕事をしていたかとか、どんなスキルを身につけたかを面接で説明しなければならなくなります。

すべてを完璧に作り込めるのならばいいかもしれませんが、現実的に考えてそれは難しいと思います。

もちろん職歴を偽ることは経歴詐称になってしまうのでよくないのですが、それ以前に面接で自分が困ることになるからやめたほうがいいんじゃないかというのが僕の考えです。

就労期間の水増しについて

ただ、完全にありのままを履歴書に書くべきというのも違うかなと思います。

残念ながら世の中は正直者が得をするところではありません。

バカ正直に書いていても、就職できる可能性が薄まるだけで何もいいことはないでしょう。

だから有効である場合に限って、脚色したり誇張したりすることはやるべきだと思ってます。

ではどういうときに有効かというと、たとえばアルバイトをしていたけどその前に空白期間があるからごまかしたいといったとき等です。

実際に働いていた仕事の期間を水増しするのはかなり有効だと思ってます。

面接で何を聞かれても、実際に働いていた経験をもとにすればちゃんと答えることができるからです。

ただその場合は職歴を誤魔化していることが誰にもバレないように気をつけないといけません。

わざわざ身上調査を行う会社なんて一部のエリート企業ぐらいなものだと思いますし、公的機関からも個人情報がそんな簡単に漏れるはずはありません。

ごまかしがバレるケースというのはだいたい自分がうっかりボロを出したときぐらいだと思います。

社会保険関係で会社に提出する書類に離職日が書いてないかとか、SNSなんかをやっている場合はそこから発覚する内容になってないかなどを気をつけたほうがいいでしょう。

空白期間があることへの言い訳は必ずすること

空白期間は正直に書くしかないですが、正直に書くと選考では確実にマイナスの印象を与えてしまいます。

でもそれはいまさらどうしようもないことなので受けいれるしかありません。

僕たちがすべきことは、 誰もが憧れる一流企業に入ることではなく、 空白期間があっても採用してくれる会社を探すことだということを心に留めておきましょう。

ただし、そんな会社に出会うためには、空白期間があることに対する言い訳を必ず用意しておく必要があります。

採用担当者の立場になってみてください。

職歴がスカスカな得体のしれない人間を雇うのは、かなりのリスクになりますよね。

性格異常者かもしれないし、自堕落な人間かもしれないし、すぐに挫折してしまう人間かもしれませんから。

そうすると何かあったときは選考を担当した自分の責任になってしまうのです。

だから履歴書のなかで採用担当者に 、自分は空白期間は長いけどまともな人間なんだということを教えてあげる必要があります。

ではこの言い訳はどこでするのかというと、自己PR欄になります。

詳しくは自己PRの書き方で説明しています。

タイトルとURLをコピーしました