冬の寒さ対策はこれだけでOK!エアコン無しでお金をかけずに寒い冬を乗り越える方法。

マッチ

みなさんこんにちは。

近頃めっきり寒くなってきましたね。

これから本格的な冬がやってくると、もっともっと寒くなります。

もしかしたらエアコンがなくて毎年の寒さ対策に困ってる人もいるのではないでしょうか。

僕もずっとエアコンのない家に住んでいますが、夏と冬の対策はばっちり完成しています。きちんと対策しておけば、暖房や冷房がなくても大丈夫なんですよ。

そこでこのページでは僕が実践している冬の寒さ対策をご紹介します。夏に比べれば冬の対策は楽勝!ですよ。

ちなみにランニングコストも含めてなるべくお金がかからないことを意識した対策となっています。ぜひ参考にしてみてください。

エアコンなしで簡単に寒い冬を乗り越える方法

着る毛布

メインで活躍する防寒具は、着る毛布です。

これは本当にすごい商品です。

着るだけで寒さをまったく感じなくなります。

僕は朝起きたとき、あまりの寒さに布団から出られないことがしょっちゅうありましたが、この着る毛布を手の届く場所に置いておくことで解決しました。

朝の凍えるような冷たい空気も、さっと着るだけで遮断してくれる性能がこの着る毛布にはあるのです。

それに、普通に洗濯することもできます。

食べ物をこぼしてしまったり汚してしまったときは、他の洗濯物といっしょに洗濯機に入れればOKです。防寒具としての性能が落ちることもありません。

攻守において隙が無いように思えます。おまけにもふもふしていて気持ちいいです。

基本的にこの着る毛布を着ていれば寒さはしのげます。簡単ですね。

でも着る毛布にもひとつだけ弱点があるんです。

それは足が寒いことです。

やはり着る毛布といえども服ですから、足の先まではカバーできません。

そこで足をカバーするために、次のアイテムが必要になってきます。

足温器

足温器です。あまり聞いたことがないという方もいるかもしれません。

足を温める、ただそれだけの機械のことです。

着る毛布でカバーできない足をピンポイントで温めてくれるので、このふたつを併用すれば寒さ対策は完璧となります。

着る毛布と足温器はお互いの足りない部分を補い合ういい関係というわけですね。

この足温器。特筆すべき点は、電気代が一時間に数円しかかからないというところです。だいたい扇風機とおなじぐらいでしょうか。

ですので、冷暖房代でどのぐらいお金がかかってしまうのかを気にしてしまう僕のような人間にも最適な防寒対策です。

お金を気にせず好きなだけ使える!

というのは精神的にかなり楽になるため、大きなポイントです。

あれば助かる防寒グッズあれこれ

さて。早くもこれで全身の寒さ対策が完了しました。

これだけ対策すれば、寒い冬でも問題なしです。楽勝でしたね。

ただ足温器はやけどをしないように安全を考慮して作られているので、温度は少し低めです。

ですので冷え性の方なんかだと暖かさを感じづらいかもしれません。

僕も冷え性気味ですが、ちょっと足温器の威力がよわいなーと思うことがたびたびあります。

そこで、補助的に役立つ防寒グッズを紹介していきます。

これらで温めてから足温器を使うことで冷え性にの方にも問題なく対応することができます。

足湯バケツ

家にいながら足湯が楽しめる、ひきこもり御用達のバケツです。

ポカポカして気持ちいいのですが、ちょっと残念な点も。

寒い冬はバケツにお湯を張ってもすぐに冷めてしまうんです。

なので僕は足湯を楽しむ前にあらかじめ鍋にお湯を沸かしておき、冷めてきたら継ぎ足すようにして使ってます。

こうすることで少なくとも一時間近くは温まっていられるので、足湯好きの方にもオススメです。

それに、いま流行りのデトックスにもいいらしいですよ!(あまりよくわかってない)

ただお湯を入れたり捨てたりするのが少し面倒なので、☆ひとつマイナスといったところでしょうか。

湯たんぽ

抱いてよし。布団に入れてよし。電気代もかからない。おまけに手軽。

もしかしたら寒さ対策グッズとして最強なのではないかと思わせるポテンシャルを秘めたおそろしいアイテムです。

お湯をいれて、足を乗せておくだけで温かいです。

ちなみに僕にはお気に入りの湯たんぽがありますので、まことに身勝手ながら紹介させていただきます。

そらべあ湯たんぽのそらべあくんです!ヤフオクで買いました。以上です。

湯たんぽは足全体を覆ったりすることはできないので、足温器のかわりとして使うことは難しいです。

冷たい空気をもろに受けてしまって、湯たんぽが触れてない部分がかなり寒かったりします。これはもしかしたら隙間風がバンバン入ってくるうちの部屋のせいなのかもしれませんが。

足の裏を強力に温めたいときや、膝の上に置いておきたいときには重宝しますね。

布団乾燥機

布団乾燥機も便利です。

寝る前に布団を温めておくことで、冷たさに身を震わせながらベッドに入ることがなくなります。

しかも温めると、布団がふわっふわになります。一度は体験してもらいたいですね。

それに、なんといいますか。

布団乾燥機で温められた直後の布団に入ると、なにやら春の日の陽だまりのなかにいるみたいにぽかぽかしていて気持ちいいのです。

やさしさとか、ぬくもりとか。ひきこもりには持つことができないそういった貴重ななにかの気配を感じます。

温まった布団のなかで、ぬいぐるみちゃんをモフモフするのもかなり癒やされますよ。

ちょい高めですが、おすすめです。

効率よく体温を上げたいときの基本的な考え方

ここからは体温を上げたいときの基本的な考え方について書いていきます。

体温を上げたいときは、体のなかを流れる血液を温めてあげるのが最も効率がいい方法です。

血液を温めると、その温められた血液が全身を巡るため、体全体が温められて体温が上昇するのです。

そして血液を効率よく温めるためには、血管がたくさん集まってるところを温めてあげるのが定番の方法です。

たとえば首筋とか、わきとか、足とかですね。

お風呂に入ったときにシャワーを首筋にあてるとポカポカしてくるのはそのためです。

かぜを引いたときにネギを巻くのは不明です。

というわけで、寒いときには血液を温めるのが効果的だということはぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

着る毛布と足温器。

冬を乗り越えるための基本的な対策はこのふたつだけで充分です。

ストーブなどを使うと暖かいのでしょうが、電気代や灯油代がかさむので、お金を気にしてしまう僕のような人間にはあまり好き勝手に使えません。

しかし今回紹介した方法はどれもランニングコストがほぼ皆無なので、何を気にすることもなくジャンジャン暖かくすることができます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました